手順1:データを差し込む

Access、Excel、で作成した住所録データなどをそのまま差し込みすることができます。
差し込み印刷をすれば宛名ラベル等の作成がより簡単にできます。
ラベル選択方法はこちら

   

「差込データウィザード」を立ち上げる


図1

  1. ラベルを選択します。選択方法はこちら
  2. 図1 [差込データウィザードへ]ボタンをクリックします。
   

差込するデータを選択する


図2

  1. 図2-@ 差し込みをするExcelファイル、Accessファイルを保存しているドライブを選択します。
  2. 図2-A フォルダの一覧からデータが保存されているフォルダをダブルクリックします。
    ファイルが保存されているフォルダを開くと、図2-B [利用可能なファイル]のボックス内にファイル名が表示されます。
  3. 図2-B [利用可能なファイル]ボックスの一覧より、ファイルを選択(青く反転)し、図2-C [次へ]ボタンをクリックします。
    ※読み込み可能なファイルは拡張子が、*.xls(Microsoft Excelファイル形式)、*.mdb(Microsoft Accessファイル形式)、*.CSV(カンマ区切り)、*.LDT(ラベルドクター97.R"データベールモード)です。

    エクセルデータの作り方はこちらもご覧ください。

/注意

Access2007,Excel2007の新しい保存形式(*.xlsx)には対応しておりませんので、以前のバージョンの保存形式(97-2003形式)で保存してご利用ください。
シート(Excel)、テーブル(Access)のみご利用いただけます。

利用可能な文字について…JIS基本漢字の記号、英数字、かな、第1水準漢字、第2水準漢字以外のものには対応しておりませんのでご注意ください。

   

印刷項目を選択する


図3

  1. 図3-@ [シート、テーブル名の選択]ボックスより利用するシート(Excelの場合)、テーブル(Accessの場合)を選択します。
  2. 図3-A [利用可能な項目]ボックスに、選択シート(Excel)及び、テーブル(Access)の開始フィールドに入力しているデータが表示されます。
  3. 利用する項目をクリック、及びドラッグにより選択(青く反転)し、中央の移動ボタンで[利用する項目]ボックスに移動させ、図2-B [次へ]ボタンをクリックします。

 全てのデータを[利用する項目]へ移動する。

 選択したデータを[利用する項目]へ移動する。

 選択したデータを[利用可能な項目]へ戻す。

 全てのデータを[利用可能な項目]へ戻す。